TVアニメ「SERVAMP-サーヴァンプ-」

INTRODUCTION

STORY

高校1年生の城田真昼(しろたまひる)は、道端で一匹の黒猫を拾いクロと名付ける。
ところが、その猫は、サーヴァンプという、契約した人間の言うことを聞く
“SERVANT(下僕)”の“VAMPIRE(吸血鬼)”だった!

契約によってクロの主人となってしまった真昼は、
吸血鬼同士の争いに巻き込まれ戦うことになるのだが…?
吸血鬼×主従契約・現代バトルファンタジー!

KEYWORD

SERVAMP-サーヴァンプ-
契約した人間から血をもらい命令をきく、 “SERVANT(下僕)”の“VAMPIRE(吸血鬼)”。
いわゆる真祖とよばれる、大元の吸血鬼。
一人の人間と契約をし、その人間からのみ血をもらい、主人に従う。
日光の下では、それぞれ何かしらの動物の姿になってしまう。
“怠惰”・“傲慢”・“嫉妬”・“憤怒”・“強欲”・“暴食”・“色欲”の7人が存在する。
…はずだったが、 8人目の“憂鬱”を名乗るサーヴァンプ・椿(ツバキ)が現れて…?!
主人-イヴ-
サーヴァンプと契約をした人間
サーヴァンプに血を与えることによって、サーヴァンプに命令ができる。
自身のサーヴァンプと、一定以上離れることができない。
下位吸血鬼-サブクラス-
サーヴァンプに吸血鬼にされた、元人間の吸血鬼。
自身を吸血鬼にしたサーヴァンプに従う。日光を浴びると灰になってしまう。